2020.05.15

おもてなしの灯

デザイン道


玄関ドアを開けた時、どんな体験が待っているのか。
特に初めて訪れる家では期待が高まりますね。

あさま屋根の家はベンチ式収納とルイスポールセンのPHランプが迎えてくれます。
名作と呼ばれる照明デザインを見て楽しむと同時に、
低い位置から漏れる光が非日常を演出しています。
外の景色も季節ごとに楽しませてくれることでしょう。

足元を照らすさりげない配慮もオーナーの狙いかもしれません。
うっとりとするような光の演出です。

2020.04.24

実地研修 ー土地の読み方ー

デザイン道


世界一周旅行を中断し帰国した若手スタッフ清水くんを連れて計画中の敷地へ。
傾斜や起伏のある土地、雄大な自然。どんな視点を持って対象となる世界を見るかでランドスケープデザインも変わってくる。その敷地に存在する複雑な要素を何層にも重なるレイヤーとして捉える。現場に立ち見る眼を養うことが建築家への第一歩か・・・

2020.04.18

カバードデッキ

デザイン道


雨の土曜日。庭につながるこんなデッキがあれば雨の日も楽しめます。
木工作業をしたり、BBQを楽しんだりと、使い勝手は様々。
内と外(環境)との繋がりをどのように構成するか、造園も含めたランドスケープデザインが重要です。

2020.03.10

清水夫妻帰る

デザイン道


小淵沢在住の若き建築士夫妻は地球を歩く旅に出ていました。
既に32か国を経ていますが貫徹しての帰国は6月予定でした。
憎きコロナのおかげで急遽アフリカ大陸から
帰ってきました。
本当は次の訪問地はボリビアだったとのこと。

コロナ収束の暁にはまた旅立っていくのでしょうか?

ともあれ、パワー満々の二人。
しばらくはPDOを手伝っていただきましょう。

中村@PDO

2020.03.04

国内or海外製品? ―食洗機―

デザイン道


食洗機は今や家事の必須アイテムです。
国内製品は使い慣れているオーナーも多いですが、
建築を機に海外製品も気になるところです。
ショールームでは機器の説明や実際に使ってみることもできます。

大きな違いは庫内の容量です。
国内製品が40〜60Lなのに対して海外製品は160L程あります。
容量が大きい分、1日1回の洗浄で済みます。
夕食後や夜寝る前に洗浄を始め朝起きると乾燥まで終えている、そんな使い方になります。
一方で、食事の度に洗いたいという方には国内製品がおすすめです。
日々のメンテナンスや使う洗剤、キッチンスペースに占める割合など違いを知り、
よりライフスタイルに合ったものを選んでいきます。

123...25