2019.12.17

無垢フローリング ―厚みや硬さ、経年変化まで―

デザイン道


無垢フローリングは室内空間の重要な要素です。
建物のテイストやオーナーの好み、予算など、全体のバランスの中で決めていきます。

ショールームに行くとたくさんの樹種が並んでいます。
床材の硬さや経年変化の様子、メンテナンス方法など様々な視点で見ることができます。

「足触りで硬さの違いが分かりますよ」

修行が足りないようで微妙な違いは分かりませんでしたが、硬い床材の方が冷たく感じます。
これは木材に含まれる空気の量の違いです。
柔らかいフローリングにより温かみを感じるのは自然なことなのです。

この日はウォールナット材を確認。
新築当時は濃い茶色ですが、経年変化でほんのり赤茶色になっていきます。
オイルフィニッシュで自然な色、ツヤを出し、木の持つ魅力を一層引き立てます。

2019.12.10

「キッチンスタジオのある家」ー建築実績にて公開ー

その他


キッチンスタジオのある家」を建築実績に公開いたしました!
家の中心にダイニングキッチンとクッキングストーブがある家です。
「男前インテリア」をテーマに統一感ある空間に仕上がりました。

2019.12.06

「まるざ屋根の家」ー建築実績にて公開ー

その他


まるざ屋根の家」(旧まるざの家)を建築実績に公開しました!
平屋ならではの包み込まれるような空間が家族やゲストを迎え入れてくれます。
鈴木棟梁の丁寧な仕事が細部まで行き届いています。

2019.11.21

霜柱 ー氷の結晶ー

森づくり


穏やかな快晴の朝。放射冷却で八ヶ岳南麓も最低気温を記録しました。標高1,000メートルを超えるうずまきスタジオでは今朝は氷点下3℃。
学名:Keiskea japonica、シソ科の野草です。
地上部が枯れても地中の水を吸い上げているので地表面が氷点下近くになった朝に氷の結晶が茎の根元に現れます。

2019.10.26

「更紗満天星の家」ー建築実績にて公開ー

その他


更紗満天星の家」を建築実績にて公開しました!
標高1700mのリゾート。
禅の世界感を持ったMinimumな家が完成しました。

123...133