2020.03.10

清水夫妻帰る

デザイン道


小淵沢在住の若き建築士夫妻は地球を歩く旅に出ていました。
既に32か国を経ていますが貫徹しての帰国は6月予定でした。
憎きコロナのおかげで急遽アフリカ大陸から
帰ってきました。
本当は次の訪問地はボリビアだったとのこと。

コロナ収束の暁にはまた旅立っていくのでしょうか?

ともあれ、パワー満々の二人。
しばらくはPDOを手伝っていただきましょう。

中村@PDO

2020.03.04

国内or海外製品? ―食洗機―

デザイン道


食洗機は今や家事の必須アイテムです。
国内製品は使い慣れているオーナーも多いですが、
建築を機に海外製品も気になるところです。
ショールームでは機器の説明や実際に使ってみることもできます。

大きな違いは庫内の容量です。
国内製品が40〜60Lなのに対して海外製品は160L程あります。
容量が大きい分、1日1回の洗浄で済みます。
夕食後や夜寝る前に洗浄を始め朝起きると乾燥まで終えている、そんな使い方になります。
一方で、食事の度に洗いたいという方には国内製品がおすすめです。
日々のメンテナンスや使う洗剤、キッチンスペースに占める割合など違いを知り、
よりライフスタイルに合ったものを選んでいきます。

2020.02.08

土地との出会い ーインスピレーション大切にー

その他


候補の土地をご一緒に見てまわることが増えています。土地選びにおいては矛盾する要素もあり、どう折り合いをつけていくのかは難しいものです。ご夫妻、ご家族の中で意見が分かれることもあります。未来の暮らしの風景を共に見る力はコミュニケーションや広義の環境との関係性に変容を促し、家づくりの流れを整えていくように感じています。
土地に足を運び 真摯に対話を重ねること。自ずと落ち着くべきところで最初の形が見えてくるものです。ここをプロジェクトの最初の一コマとして物語は展開していきます。

2020.01.26

takoの家

デザイン道

ノルウェージャンフォレストキャットの「タコ」は
CornTeaHouseの家族の一員です。
お気に入りの場所を設計して差し上げました。
2階建てです。
衣食住ができるほか窓付き、換気扇付きなんです。

中村@PDO

2019.12.17

無垢フローリング ―厚みや硬さ、経年変化まで―

デザイン道


無垢フローリングは室内空間の重要な要素です。
建物のテイストやオーナーの好み、予算など、全体のバランスの中で決めていきます。

ショールームに行くとたくさんの樹種が並んでいます。
床材の硬さや経年変化の様子、メンテナンス方法など様々な視点で見ることができます。

「足触りで硬さの違いが分かりますよ」

修行が足りないようで微妙な違いは分かりませんでしたが、硬い床材の方が冷たく感じます。
これは木材に含まれる空気の量の違いです。
柔らかいフローリングにより温かみを感じるのは自然なことなのです。

この日はウォールナット材を確認。
新築当時は濃い茶色ですが、経年変化でほんのり赤茶色になっていきます。
オイルフィニッシュで自然な色、ツヤを出し、木の持つ魅力を一層引き立てます。

123...134