2012.08.27

八ヶ岳登山紀行 3

できごと

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
期待していた硫黄岳石室山荘からの日の出。
  
前日の消灯が8時ということもあり、十分な睡眠をとって4時半過ぎには起床。赤岳山頂から日の出を目当てにすでに夜中に出発している人たちもいたが、我々は山荘のテラスでその時を待つ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
刻々と変わりゆく東の空を眺める。まさに息をのむ美しさ。

2012.08.25

八ヶ岳登山紀行 2

できごと

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
硫黄岳爆裂火口で何を想う、ふたり。自然の造形にしばし言葉をなくし、火口跡を眺めながら自然と対話する時間。
  
自然と敵対しない、パッシヴデザインのあり方は・・・

2012.08.24

八ヶ岳登山紀行 1

できごと

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
美濃戸口より、いざ山頂へ。
  
八ヶ岳の麓に住んでいる特権。山の天候を睨みながら、予てより計画していた、遅い夏休みをとってのパートナーとの八ヶ岳登山。
  
初日は赤岳鉱泉で昼食をとり、爆裂火口のある硫黄岳を経由して石室の山荘へ。
  

2012.08.09

曲げる〜石畳の回廊、ピーマン通り

できごと

CA3C1199
イタリアの建築家マリオ・ベリーニが手がけたリゾナーレ八ヶ岳。平日の夕方だったためか、ピーマン通りにはそれほど人通りはなかったが、駐車場は乾杯であった。
  
リゾナーレ内には、直線で視線を抜き、その先にある南アルプスや八ヶ岳の山並みにフォーカスしている場所もあるが、石畳のピーマン通りは蛇行しており、先が見通せない。奥行きを感じさせる効果と空間の澱みつくることによって、人を停留させる狙いもあるのだろうか。
  
両側のテナントには、様々なショップが入っており、たまに覗いてみるのも楽しいものだ。ちなみに今日の目的は、ブックス&カフェ。思いもかけない本との出会いがある。

2012.07.03

今年の収穫

できごと

CA3C1192
駐車場の脇にあるレッドカーラント(赤すぐり)です。
  
昨夜、ブラマンジェに添えて食べてしまったので、少し残っている程度です。
  
庭の果実を目当てにやってくる鳥たちと分けあっています。

争って取り合わない、分かち合う気持ち。なかなか難しいことですが、これもパッシヴな暮らし。
   
まだまだ、修行は続いています。

1...35363738