2018.04.25

中村のデザインが多岐にわたる理由

デザイン道


アイテムガレージの家について、中村がある感想をつぶやいていました。

「建物の外の黒と中の白のコントラストが見事なんです。これはオーナーのアイデアで、『ねらっていたんです』と話すんですよ。建築は不思議とオーナーを表しますからね。」

建築家によっては、自分のスタイルをオーナーに合わせてもらう方もいます。

しかし、中村は、
「僕はオーナーの表現を、お手伝いをするんです」と話します。

建築家から見た専門的なデザイン性やアドバイスはしっかりと伝えつつ、オーナーの代弁者となるのです。

PDO の建築実績をご覧頂くと、家のデザインが実にバラエティに富んでいるのが、その証拠。

passivedesign=受容の精神がここにも生かされています。

2018.04.22

新しい発想ーお客様からの刺激―

ワークスタイル


「お客様から刺激を受けて、PDOが変わっていく」

私たちは家をつくるプロセスで、お客様からライフスタイルのお話をうかがいます。生活と仕事のバランス、デュアルライフ、仕事のギアチェンジ、新しい家の空間、そこで過ごす時間。

そういう話が実に多種多様で刺激的でおもしろいのです。

「なるほど、そういうライフスタイルがあるのか」
「なるほど、そういう働き方もあるのか」

お客様の話に頭と心を揺さぶられ、PDOのメンバーも新しい発想で仕事と生活をもっと楽しんでいきたいと思うようになるのです。

2018.04.20

snowbell house 公開しました!

できごと


大変ながらくお待たせいたしました!
snowbell houseの完成写真の公開です。
こちらよりご覧下さい(建築実績)。
http://www.passivedesign.jp/works/

完成までの様々なストーリをご紹介する”プロジェクトストーリー”と併せてぜひお楽しみください!

2018.04.20

とんねるのある家 公開しました!

できごと

大変ながらくお待たせいたしました!
トンネルのある家の完成写真公開です。
こちらよりご覧下さい(建築実績)。
http://www.passivedesign.jp/works/

完成までの様々なストーリーをご紹介する”プロジェクトストーリー”と併せてぜひお楽しみください!

2018.04.15

細田の言葉 ー小さな実験と実践ー

ワークスタイル


細田からこんなメールがありました。

ものごとが形となって表出するプロセスは、光や水という外的要因が加わって種が発芽する土壌の中の営みに似ています。そこに在る命(アート)を育てる器(環境)が必要なのです。

デザインという行為にも共通するものがあり、わたし自身の関心と仕事の領域は境界線の周縁部やこの土壌の中に存在します。流れているものをひたすら観察すること、相手と応答を重ねることが、デザインが展開していく道筋を美しくすると思うのです。

実践しているプロセスを記録し発信していくことは今年やりたいことの一つ。もう一つはPDO建築事務所というオーケストラと、住まい手も含まれるコミュニティのオーガナイズ。

2018年は小さな実験・ 実践を重ねながら恐れずに変化していく年。アクションの年です。

※ 写真はこの春に卒業したRelight Committee 2017の授業でのひとコマ。社会彫刻家の輩出を目的とした市民大学。

123...7