MEMBER

次世代にバトンを渡すデザイン技術

主宰建築家 中村大補 一級建築士

主宰建築家 中村大補 一級建築士

自然環境すらも機械仕掛けで制御しようとする。多くの人が暮らす都市環境と違い、多生物と人が折り合いを付けて暮らす、自然豊かな環境に家をつくるには、経験、感性にもとづく高いデザイン技術が必要です。

単に視覚的なバランスを整えて、美しいように見せることはデザイン技術のほんの一側面でしかありません。機能的で、安全性が高く、耐久性に優れ、無駄の無いデザインは結果的に美しい姿となるでしょう。

人が生み出し存在が許されるものは例外なく美しくなければいけません。そうした仕事を一つ一つ重ね、残し、100年後の子供たちにデザイン技術というバトンを渡すのが私がPDOで実現すべきことです。

経 歴

1961年
東京浅草生まれ
1982年
桑沢デザイン研究所 インテリア住宅デザイン学科卒業
在学中より建築家林雅子師より住宅建築を学ぶ
1984年
加々美明建築設計室(東京 巣鴨)
住宅建築、医院建築の設計監理に従事
ひたむきな作品性にこだわった建築づくりを学ぶ
1988年
リニアデザイン共同設立(東京 銀座)
建築家紫冨田啓一氏、家具デザイナー林秀行氏と共に住宅、商業施設、マンションの設計監理をする
1993~1996年
中央工学校 講師(東京 王子)
設計科にてインテリアデザインを講義
1993年~
桑沢デザイン研究所 インテリア住宅デザイン学科講師着任(東京 渋谷)
パッシヴデザインの住宅を課題として講義
2008年永年勤続表彰
1994年
八ヶ岳南麓に移住し ヘムロックヒル建築事務所開設
別荘、住宅、リゾートホテルの設計監理をする
1997~2002年
同友興産 建築設計室室長(管理建築士)
年間30棟の別荘、住宅をプロデュースする
在任中自らの設計作品は約100棟に及ぶ
2003~2009年
クレア建築事務所共同設立 設計監理主宰(管理建築士・取締役)
着任中の設計作品50棟のすべてでパッシヴデザインを実践
現在の建築テーマの基礎を築く
2010年
桑沢デザイン研究所 講師退任 勤続17年
2011年
PDOパッシヴデザインオーケストラ共同設立