デッキリビングのある家

デッキリビングのある家

設計:橋爪賢一

21.04.30

地縄確認 ー着工に向けてー



5月の着工に向けてご家族に現地へお越しいただき、ご一緒に地縄を確認しました。
その後場所を移して見積もりのご提示と予算方針の打ち合わせです。

膨らんだ想像と予算。
夫婦でしっかり対話をして本当に実現したいことを見つめるちょっと厳しい作業も進めます。事前に検討した減額案をもとに打ち合わせし、光明がさしてきました。

細田@PDO

21.04.13

外観模型 ―想像を膨らませる―


間取りや空間の方針が固まってきたところで、
外観模型を作成します。

平屋でL字形のプランに対して素直な片流れ屋根を掛けています。
建物がデッキとその中央にあるベンチスペースを囲い、
居心地の良い屋外空間が生まれました。

庭づくり含めて想像が膨らんでいきます。

橋爪@PDO

21.03.09

伐採樹打ち合わせ



楽しみにされていた久しぶりの軽井沢。打ち合わせのためにご家族で現地へお越しいただきました。
事前に張った地縄を確認いただき、伐採する樹木の確認も行いました。



その後は「DENのある家」で見積もり図作成のため実物をご覧いただきながら仕様確認を致しました。コロナ禍で建築実積のご案内も難しくなってきましたが今回オーナーさまのご好意で引っ越し前のタイミングで見学することが叶いました。ありがとうございます!

細田@PDO

21.02.13

プレゼンテーション ―平屋か、2階建てか―


建築のプランは敷地の特性とオーナーの要望によって形作られます。

敷地の特性から外からの視線をカットし、デッキリビングを囲う様な建物が理にかなっています。
オーナーからはLDKをできるだけ広く開放的に、
寝室は寝るだけなので最小限で良いというメリハリのある要望をいただきました。

子供部屋は2階も考えられましたが、
1階に設けることでデッキスペースのプライバシーがより高まります。

どの部屋からも庭と繋がり、平屋の良さを存分に得られるプランとなりました。

橋爪@PDO

21.01.24

森の中に暮らす ―デッキリビングのある家―


この1年で私たちの生活は大きく変化しました。
リモートワークにより家で仕事をすることが当たり前になりつつあります。
生活の中で家族と過ごす時間と、仕事に集中する時間、
ONとOFFの切り替えが大切になってきます。

今回、軽井沢に移住されるご夫婦もまたリモートワークです。
快適な室内環境とは別に平坦地を活かして広いデッキスペースを設けます。
家族でくつろぐ外リビングはOFFの時間となることでしょう。

橋爪@PDO