BARN HOUSE

BARN HOUSE

設計:中村大補

22.08.25

外観模型

家に近づいていく方向から見るとヒューマンスケールで
やさしい感じ。
家はさながら丘のようであると良いでしょう。
地面との良い関係性が大切です。
庭側から見ると打って変わって開放的な感じです。
環境を家が抱え込む、そんな意図です。

中村@PDO

22.08.23

インテリアパース

全館床暖房が前提ですから、放熱に有利なタイル床にします。
黒っぽいのがお好きなようです。

ダイニングから階段2段分下がったところがリビングです。
パースには現実の風景をはめ込みますから、
実にリアルに想像が出来ます。
良い感じに地面とつながっていきます。
ダイニングからは1メートルBARNは下がっていますから、
カラフルな車は見下ろす格好となります。
楽しそう!
中村@PDO

22.08.20

断面計画の変更

庭空間を高い視点から見渡すため、非日常のゲストルームの
特別感を醸し出すために、
計画された断面構成です。
概算の工事費をはじいてみると目標額をこえていることが解りました。

ゲストルーム中止、リビングは高床案を発想転換し、
庭空間との連続性を強調するために、
ダイニング床よりも低いスキップフロアに変更です。
キッチンワークカウンターから庭空間への見通しも
とてもよくなりました。

中村@PDO

22.08.15

BARN棟合体

当初は広大な敷地の南端に配置しようと思っていた
愛する車たちの家「BARN」。

これと母屋を合体、ということとなりました。
車たちの存在は日々の生活と視覚的にも一体となるように。

ダイニングにBARNに面して大きなピクチャーウインドウを
設けましょう!

中村@PDO

22.08.10

プレゼンテーション1


広大な敷地を活かしての平屋です。
ダイニングルームよりスキップフロアでリビングルームを
高床にしてその分、ゲストルームを半地下にしてます。
なので正確には2階建てです。

高い視線から庭空間を一望できるという計画です。


中村@PDO

22.02.15

BARN HOUSE


八ヶ岳西麓でも移住が増えています。オーナーは愛知からです。
車やバイクをこよなく愛するご夫妻は移住に先だって、自らユンボーを操り、チェーンソーを回し、きれいに整地までしてしまいました。

「DIYに目覚めました!」とのことですが、徹底的にやりぬくタイプのようです。

広い敷地にはキャンピングカーも常備され、一足先に愛車もカバーされてやってきてます。
なんて気の早い・・・・!

日常車とは別に愛車やバイクを格納するBARNが付属された家、夢を実現する計画です。

中村@PDO