うしいわの家

うしいわの家

設計:中村大補

21.12.27

うしいわの家


小さな子供たちと自然生活を楽しむ拠点として、もう一つの家を築くことを決めたご夫妻。
日常生活拠点の都会では体験できない豊かな非日常空間がほしい、ということです。

八ヶ岳西麓の広い別荘開発地のなかの2区画。
そこに苔むした大岩、まるで牛が伏せているようです。
不思議なことにこうした岩は動かしたとたんに、まるで魂が抜けてしまったようになります。

この岩が、家族の生活を、歴史を、いつまでも見守ってくれるといいな、そんなことを思います。

中村@PDO