発地BASE

発地BASE

設計:橋爪賢一

21.11.17

土地を読む ―水対策―




敷地は緩やかな傾斜地で借景となる森が南側に広がっています。
四季折々の変化をダイナミックに感じることができそうです。

前面道路の近く、土地の水下となる部分が常にぬかるんでいます。
上流からの伏流水によるものと思われ、水が地面に浸透しきれずに滞っている状態です。
基本設計に先立ち高低測量と地下水位の調査を行うことにしました。
暗渠排水で地中を流れる水を受け流す工事も必要でしょう。

人はもちろん、建物にとっても快適な環境を作っていきます。

橋爪@PDO

21.10.15

発地BASE


登山や探検のためのベースキャンプは、物資を集積し人々が集う施設です。
それぞれの目標達成に向けて作戦を立て、体を休める場でもあります。

住居も家族にとっては仕事や学びための拠点とも言えます。
1日の疲れを癒し、英気を養う、、、今まではそれで良かったのかもしれません。
家で過ごす時間が増えた今日、想定されるライフシーンもまた増えています。
各々の時間、家族との時間、ゲストと過ごす時間、、、
どの時間もめいいっぱい楽しみたい、オーナーの頭の中はアイディアで溢れています。

森に面した敷地は子供たちにとって最高の遊び場です。
自由な発想が自然と湧いてくるようなこのロケーションを最大限活かすべく、
オーナーとの掛け合いが始まりました。

橋爪@PDO