じいそぶがるてん

じいそぶがるてん

設計:中村大補+橋爪賢一

20.03.14

プレゼンテーション ―見えた姿―

家族をこれから増やしていこうという若いご夫妻。
最初のご相談から約1年後のプレゼンテーションです。
コスト枠と要望している設計要件にはどうやら隔たりがあります。
目指す夢は大きく、豊かでなければいけません。
まずは、私が敷地に立って見えた建築像を
絵にしてみることにしました。

コテージと住居、その狭間の半外空間のカフェ。
うねる地面と水平線を強調した庇ライン。
その前景となる色とりどりの野草の森。

時間をかけて育てていきましょう。

中村@PDO

20.03.05

じいそぶがるてん


白馬でペンションを営んでいたご実家で育ったオーナーは、しっかりとそのDNAを受け継ぎ軽井沢で民泊を営む決心をしました。

それに最適な土地をとうとう見つけました。
私もそこを訪れたとたん、独特な地形に沿った、そこにふさわしい建築のかたちがしっかりと見えました。ランドスケープデザインと一体化した在り方です。


そこで金澤愛の植生調査。
ツルニンジン(ジイソブ)、オオバギボウシ、ナルコユリ、コバギボウシ、ナンテンハギ、キバナアキギリ、オトギリソウ、ヒヨドリバナ、オトコエシ、ノガリヤス、アキノキリンソウ・・・・、
さすがその筋のつわもの、どっさりと種採りして帰ってきました。

ジイソブとはまた面白い名前の野草です。爺のそばかすという意味ですが花にそばかすはありません。近似種のバアソブ(婆そぶ)はそばかすのある花。夫婦なんですね。

ワクワクしてきました。


中村@PDO