かざぐるまの家

かざぐるまの家

設計:中村大補

19.04.23

外観模型―環境を軽く囲う―

直線では環境の流れをせき止めてしまう。
L字では角がきつすぎる。
やはりここはへの字でしょう。

さりげなく囲われた空間が生まれます。
また背面がへの字にることで山からの伏流水も、
ゲリラ豪雨の表流水もいなします。
もちろん耐震性もあがります。

緩やかに傾斜した地面と屋根のつくる水平線が対比されて
美しいたたずまいとなるでしょう。

中村@PDO

In a straight line, the flow of the environment is blocked.
The corner is too tight in L-shaped.
After all it is a へ-shaped

A space surrounded casually is born.
In addition, the underflow from the mountain and the surface water of guerrilla heavy rain are also good.
Of course, shock resistance is also improved.

The horizontal line between the gently sloping ground and the roof is contrasted
It will be beautiful.

19.04.08

インテリアパース ―空間把握からプラン修正へ―

初回提案はおおむね賛同いただきました。
別荘とはいえ、ご夫妻に子供3人、ご両親と大人数が集う家です。
提案ではキッチンカウンターとテーブルを兼用した、
ジャイアントテーブルプランでのご提案でしたが、
900×1800テーブルを据える形式を要望されました。

平面図のみの検討には限界があります。
空間のかたち、外部環境との連続など、
空間を把握するには早期にインテリアパースをご覧に入れるのが良いでしょう。

「リビングと2階の子供空間とのつながりを持ちたい・・・・」
屋根と2階床からできる▲壁を抜いてタテ格子にしましょう。

「やはりテーブル周りが狭そう・・・・」
ダイニングは455mm巾を増床することにしましょう。

「雨ざらしデッキはやめにします。」

などなど細かに生活要望が引き出されました。

中村@PDO

The initial proposal was largely agreed.
Although it is a villa, it is a house where three children, parents and a large number gather to their husband and wife.
They wanted a giant table plan that doubles as a kitchen counter and table.
It is a plan to put 900 × 1800 tables.

There is a limit to considering only the floor plan.
Shape of space, continuity with external environment, etc.
It is good to look at interior Perth early to grasp space.

"We want to have a connection between the living room and the second floor child space ..."
Remove the roof and walls from the second floor to create a vertical grid.

"Even after all the table area is narrow ..."
Let's increase the floor width of 455 mm for dining.

"We will stop the outer deck."

Life needs came out in detail, etc.

19.03.31

配置計画 ーあるべき場所にー


「建物をもう少し北側に寄せることはできますか?」

新たに地縄張りをした敷地を見てもらうためご夫妻にお越しいただきました。都会の感覚からすると北側のスペースがもったいないと見えたのでしょう。

玄関を入り廊下を進む目線の先には二本の栗の大木が見えてきます。
敷地の中での余白の取り方。建物をどう配置するかが住まい手が見る風景を変えていきます。行き交うご近所さんにとっても大事なことです。

余白には意味があります。時間の力もかりて変化を促すデザインにつながることでしょう。

細田@PDO

"Can I move the house a little further north?"

The husband and wife came to mark the place of the house and have a look. In the sense of the city, the space on the north side would have been seen as wasteful.

You will see a large chestnut tree at the end of the corridor looking into the entrance.
How to get a margin in the site. Depending on where you place the house, the landscape you see changes. It is also important for your neighbors.

The margins are meaningful. It will lead to a design that encourages time and change.

19.03.25

プレゼンテーション―栗の木を活かす―


子供たちが家の中も外もなく自由に走り回る、多世代が集う、そんな家を八ヶ岳南麓につくりたい・・・・・。ご夫妻ともに第一線で活躍する一方、3人のちびっ子も元気いっぱいです。

大きな栗の木があるゆるやかな南東傾斜地です。その流れに沿って家の軸線はへの字です。

「まるでかざぐるまの羽のようだな・・・」

床面積はコンパクトですが両翼の半外空間が魅力的な良い案に仕上がりました。
明日は丸の内でプレゼンテーションです。

中村@PDO

The children run freely inside and out of the house, a multi-generational gathering, they want to make such a house in the south base of Yatsugatake. Both the husband and wife are active at work and the three children are also energetic.

Here is a gentle southeast slope with large chestnut trees. The shape of the house along the flow is the character of  へ。

"It's like a feather of a whirlpool ..."

The floor area is compact but it has an attractive good plan.
Tomorrow is a presentation in Marunouchi.