まるざの家

まるざの家

設計:橋爪賢一

19.04.22

基礎着工 ―巨石現る―



行政への届け出を終え、
いよいよ基礎工事がスタートしました。

伐根工事でいくつか大きな石が出ていましたが、
予想通り基礎工事でも多出しました。
このエリアでは度々あることです。
2トンを超えるような巨石以外は
土留めに利用するなど外構工事で使えます。

それにしてもここまでとても良いペースです。
PDOの施工を熟知した基礎屋さんなので
変形した「への字プラン」にも馴れています。

We finish report to administration,
Foundation work has started.

There are some big stones in the cutting work,
A lot of stones came out during foundation work as expected.
It is a frequent thing in this area.
Other than megaliths over 2 tons
It can be used on the site, such as using for earth retaining.

It's a very good pace so far.
As it is a foundation construction who is familiar with PDO, plans for deformation are also acceptable.

19.03.29

地鎮祭 ―地の神様にご挨拶―


もうすぐ4月。東京は桜の見頃を迎えていますが、
八ヶ岳南麓ではゴールデンウィーク前後がお花見シーズンです。
まだまだ風が冷たく感じる中、地鎮祭を執り行いました。

まるざの家は平屋ということもあり、大地に根を張るような落ち着いた佇まいです。
外壁の色味も方向性が固まり、少しずつイメージが具体的になってきました。
検討中のキッチンは家具工事に決定です。
よりオープンで誰もが使いやすい水まわりになりそうです。
ゲストへの配慮や賑わいの演出など、多用途なシーンを想定していきます。

橋爪@PDO

19.03.14

抜根工事 ―大地を整える―



来月からの基礎工事に備え、
建物まわりやアプローチにかかる切り株の搬出を行っています。

オーナーには住設機器の仕様などご検討いただくため、
ショールームに足を運んでいただきました。

予定していたシステムキッチンは便利で使い勝手が良く、
特に不満はないものの、あまり自宅と変わらないのもどうなのか・・・
ショールームに行ったことが再考のきっかけになりました。

気の知れた友人や家族との団らんにあるべきキッチンの姿。
賑わいを想像しながら納得の行くまで検討いたしましょう!

橋爪@PDO

In preparation for the foundation work from next month,
I am carrying out the stump around the building and approach.

In order for the owner to consider the specifications of housing equipment,
They went to the showroom.

The planned system kitchen is convenient and easy to use, and although there are no particular complaints, how is it not different from my home?
The showroom was a catalyst for rethinking.

Talk with friends and family in the kitchen.
Let's consider until you are convinced while imagining bustling!

19.01.03

外観模型 ―アプローチの演出― 


ご自宅から別荘までの移動方法は車になります。
都会の喧騒を離れ、高速道路を走る車中から非日常が始まります。
敷地内のアプローチから建物を眺め、
そのまま屋根のあるカーポートに駐車する。
そんな一連のシーンを演出するエントランスまわりです。

ゆったりとした平屋の建物は気持ちの良いスケール感です。
地面との距離、森との距離が近いので季節感をダイレクトに感じられます。
非日常的な保養はもちろん、アクティブな活動の拠点としても快適な場となることでしょう。

橋爪@PDO

How to move from your home to a cottage is a car.
Leaving the hustle and bustle of the city, unusual life begins from the car running on the highway.
View the building from the approach on site,
Park in a carport with a roof.
It is the entrance that directs such a series of scenes.

The spacious flat-shop building is a pleasing scale feeling.
The distance to the ground, distance from the forest is close so you can feel the seasonal feeling direct.
It will be a comfortable place not only as an extraordinary place but also as a base for active activities.

18.11.19

地縄確認


インテリアパースでイメージを膨らませていただいた後、
紅葉美しい敷地を訪れました。

建物位置に縄を張り、各部屋からの眺めなどご確認いただきます。
道路からのアプローチは既存樹の間を縫っての計画です。

オーナーご夫婦はここでの楽しみを色々と思案中の様です。
ソファ選びや持込み家具などもご検討いただいています。

建物位置が確認できたところで地盤調査の段取りに入ります。
調査結果を受けて基礎の設計に反映します。

橋爪@PDO

After having an image with the interior parse,The owner and we visited the beautiful autumnal leaves.

Stretch the rope at the building position and check the view etc from each room.
Approach from the road is planned to pass between existing trees.

The owner's couple seems to be thinking a lot about the fun here.
Also they are considering sofas and furniture.

We investigate the ground where we can confirm the location of the building.
Reflect the results of the survey and reflect it in the design of the foundation.

18.11.06

空間検討 ―インテリアパース―


プレゼンテーションで方針の合意をいただいた後、
間取りについて検討を重ねてきました。

初回案でご提案したジャイアントテーブルは
ダイニングとキッチンの一体感が高まる一方で
ご夫婦2人の時には大きすぎるのではとの懸念もありました。
ダイニングテーブルを置き家具にした場合はどうなるか、
への字プランのLDKと勾配天井との関係、
デッキとのつながりなどインテリアパースで確認いたしましょう。

窓から見える景色は紅葉真っ盛り。
薪ストーブの炎と共に楽しめます。
広々としたデッキに落ち着いた和室など、
家のどこにいてもリラックスできそうです。

橋爪@PDO

After receiving a policy agreement in the presentation,
I have been discussing about the layout.

The giant table proposed in the first plan
While the sense of unity between dining and the kitchen is increasing
There were concerns that it might be too large for two couples.
What happens when you place a dining table and make it furniture,
Relationship between LDK and slope ceiling, connection with deck. Let's check with the interior Perth.

The view from the window is autumn leaves.
You can enjoy it with a flame of a wood stove.
Japanese-style room settled in spacious deck,
It seems that you can relax anywhere in the house.

18.10.12

ゾーニングスケッチ ―森を抱く―


土地選びが落ち着き、建築の検討がスタートしました。
オーナーの思い描く暮らしをどう具現化していくか、
敷地を読み、大きなところからスケッチしていきます。

希望は平屋で薪ストーブと広いデッキのある家。
家族や友人が集う空間の演出。
通り抜けができる車路や屋根付のカーポートも必須です。

建物を計画する上で方位は重要です。
南側の深い森には水路が流れ、散策路としても楽しめそうです。
南東側には茅ヶ岳が望め、北側の空は大きく開けています。

気持ちの良い方向にそれぞれ開いた形が見えてきました。
森を抱くようなプランです。

橋爪@PDO

The selection of land settled down and the review of the building started.
How to embody the owner 's envisioned lifestyle,
I will read the site and sketch it.

They want a house with a wood stove and wide deck in a flat store.
Production of space where family and friends gather.
Car roads and covered carports are also required.

Orientation is important in planning a building.
A waterway will flow in the deep forest on the south side and it will be enjoyable as a walking road.
On the southeast side, you can see mt.Kayagatake, the north sky is wide open.

I felt good, I could see the opened shape.
It's like holding a forest.

18.10.06

表流水を受け流す ―ゴムの水切―


9月は雨の日が多く、大きな台風も発生しました。
前面道路の砂利道も水の通り道になることがあるため、
外構工事で対策しておく必要があります。

道路の反対側には保安林があり、水路も流れています。
表流水をこちらに誘導するのが良さそうです。
役所の了解も得られ、ゴムの水切りを紹介してもらいました。
林道を整備するために考案されたもののようです。

建物までのアプローチはロータリーのように車でぐるりと回れる計画です。
水対策を施した上でルートを検討します。

橋爪@PDO

There were many rainy days in September, and a big typhoon also occurred.
The gravel road may become a passage of water.
It is necessary to take measures against external construction.

There is a forest on the other side of the road, and a waterway also flows.
It seems good to lead the surface water here.
I got the consent of the government office and introduced the draining of rubber.
It seems to be for serving the forest road.

Approach to the building is a plan that can turn around like a round like a roundabout.
We will consider routes after taking water countermeasures.

18.09.26

土地探し —八ヶ岳を知る—


人生の節目に別荘建築を計画されたオーナー。
ご夫婦の時間や友人を招いて団欒できる場を希望されました。

まずは土地探しからということで、
八ヶ岳のことを知人や実際に暮らしている方に聞いてみたそうです。

「みんな口をそろえて冬が良いって言うんだけど、どうして?」

それはぜひ楽しみにしていただきたい部分です。
降り積もった雪が生み出す白銀の世界、静寂な時間、薪ストーブの炎・・・
時々動物の足跡も見られますよ。

土地のイメージは「全方位森林でなく前が開けで木漏れ日を感じる所」。
ちょうど西側に保安林があり、明るく気持ちの良い土地が見つかりました!

橋爪@PDO

An owner who was planning to build a villa on a milestone in life. They hoped for a couple's time and a place to invite friends.

Firstly from looking for land. They listened to acquaintances and those who actually live, about Yatsugatake.

"Everyone says that winter is good, but why?"

That is the part I'd like to look forward to. The world of the silver from the snow which the altered snow produces, the silent time, the fire of the wood stove ... sometimes you can see footprints of the animals.

The image of the land is "a place where front is open rather than omnidirectional forest and feels sunlight through." There is a security forest just in the west, and a bright and pleasant land was found!