まるざの家

まるざの家

設計:橋爪賢一

18.10.12

ゾーニングスケッチ ―森を抱く―


土地選びが落ち着き、建築の検討がスタートしました。
オーナーの思い描く暮らしをどう具現化していくか、
敷地を読み、大きなところからスケッチしていきます。

希望は平屋で薪ストーブと広いデッキのある家。
家族や友人が集う空間の演出。
通り抜けができる車路や屋根付のカーポートも必須です。

建物を計画する上で方位は重要です。
南側の深い森には水路が流れ、散策路としても楽しめそうです。
南東側には茅ヶ岳が望め、北側の空は大きく開けています。

気持ちの良い方向にそれぞれ開いた形が見えてきました。
森を抱くようなプランです。

橋爪@PDO

The selection of land settled down and the review of the building started.
How to embody the owner 's envisioned lifestyle,
I will read the site and sketch it.

They want a house with a wood stove and wide deck in a flat store.
Production of space where family and friends gather.
Car roads and covered carports are also required.

Orientation is important in planning a building.
A waterway will flow in the deep forest on the south side and it will be enjoyable as a walking road.
On the southeast side, you can see mt.Kayagatake, the north sky is wide open.

I felt good, I could see the opened shape.
It's like holding a forest.

18.10.06

表流水を受け流す ―ゴムの水切―


9月は雨の日が多く、大きな台風も発生しました。
前面道路の砂利道も水の通り道になることがあるため、
外構工事で対策しておく必要があります。

道路の反対側には保安林があり、水路も流れています。
表流水をこちらに誘導するのが良さそうです。
役所の了解も得られ、ゴムの水切りを紹介してもらいました。
林道を整備するために考案されたもののようです。

建物までのアプローチはロータリーのように車でぐるりと回れる計画です。
水対策を施した上でルートを検討します。

橋爪@PDO

There were many rainy days in September, and a big typhoon also occurred.
The gravel road may become a passage of water.
It is necessary to take measures against external construction.

There is a forest on the other side of the road, and a waterway also flows.
It seems good to lead the surface water here.
I got the consent of the government office and introduced the draining of rubber.
It seems to be for serving the forest road.

Approach to the building is a plan that can turn around like a round like a roundabout.
We will consider routes after taking water countermeasures.

18.09.26

土地探し —八ヶ岳を知る—


人生の節目に別荘建築を計画されたオーナー。
ご夫婦の時間や友人を招いて団欒できる場を希望されました。

まずは土地探しからということで、
八ヶ岳のことを知人や実際に暮らしている方に聞いてみたそうです。

「みんな口をそろえて冬が良いって言うんだけど、どうして?」

それはぜひ楽しみにしていただきたい部分です。
降り積もった雪が生み出す白銀の世界、静寂な時間、薪ストーブの炎・・・
時々動物の足跡も見られますよ。

土地のイメージは「全方位森林でなく前が開けで木漏れ日を感じる所」。
ちょうど西側に保安林があり、明るく気持ちの良い土地が見つかりました!

橋爪@PDO

An owner who was planning to build a villa on a milestone in life. They hoped for a couple's time and a place to invite friends.

Firstly from looking for land. They listened to acquaintances and those who actually live, about Yatsugatake.

"Everyone says that winter is good, but why?"

That is the part I'd like to look forward to. The world of the silver from the snow which the altered snow produces, the silent time, the fire of the wood stove ... sometimes you can see footprints of the animals.

The image of the land is "a place where front is open rather than omnidirectional forest and feels sunlight through." There is a security forest just in the west, and a bright and pleasant land was found!