はちみつの家

はちみつの家

設計:中村大補

18.10.13

伐採工事 ー現場での判断ー


基礎工事の着手前に建物に絡む数本の伐採が始まっています。できれば残したいと希望されていた白樺は幹に虫害も見られ元気がないこと、建物側に傾いていることもあり、残念ですが現場で伐採の判断をしました。

信頼していただき判断を委ねてもらうことも大事なことです。だからこそ時間をかけての価値観のすり合わせが重要です。

細田@PDO

We will cut a few logs before the foundation work. The white birch that the owner wanted to leave has insects in the trunk, is leaning towards the building, and made a decision on logging. It is also important for them to trust us and entrust our judgment. That is why sharing values ​​is important over time.

18.10.07

ご挨拶 ー福井の地物でー


霧が立ち込める幻想的な朝。福井の地酒で土地の神様にご挨拶です。地縄も確認いただき連休明けからいよいよ建築工事が始ります。

長年暮らされた北陸の街から八ヶ岳高原への移住。今は県外に出ている子供たちの集まる場所にもなることでしょう。

細田@PDO

A fantastic morning with fog on. Greeting the land of God with alcohol in Fukui. Construction work will begin at the end of the holidays.

Immigration from the Hokuriku town that lived for many years to the Yatsugatake plateau. It will be a place for children gathering outside the prefecture.

18.09.27

サウンディング試験 - 地盤良好-


スウェーデン式サウンディング試験を実施しました。地盤にロッド(鉄の棒)を垂直に突き刺し、 荷重をかけたり回転をさせてその沈み方から地盤の硬軟や締まり具合を調査する方法です。
八ヶ岳南麓の南斜面では谷筋を埋めたところや一部エリアを除いて地盤は比較的良好です。
とはいえ結果が出るまでは不安なもの、調査翌日には速報値が出ました。良好な地盤で計画していた布基礎での対応が可能です。まずは一安心。

細田@PDO

We conducted a Swedish-style sounding test. First We pierce the rod (steel bar) vertically into the ground. It is a method to investigate the condition of the ground from the sinking way by applying load and rotating.
The slope of the southern foot of Yatsugatake, the ground is relatively good.
Nevertheless I'm worried until I get results. Preliminary report values ​​came out the next day after the survey. It is a good ground. First of all, it is relief.

18.09.07

ご自宅で挨拶 



北陸の海沿いの町にあるご自宅へ伺いました。地域環境や暮らしぶり、今の住まいの不満点などご自宅を拝見することで今まで話してきたことの輪郭がはっきりしてくるものです。

今回はフラット35のご利用。設計審査やまちづくり条例の各種申請など秋の工事着手に向けて様々な業務もあります。大詰めの打ち合わせ前にまずはご挨拶。一緒に打合せに参加です。

細田@PDO

We went to their home in the seaside town of Hokuriku. We understood the demands so far, looking at their local environment, living life, dissatisfaction of their current residence.

Prior to construction from autumn, there are application of design review and ordinance for town development. Dogs are also involved in the meeting.

18.08.30

インテリアパース ―もっと窓を大きく!―

いかにコンセプトハウスとしてプランされたものであろうとも、
いつの間にかオーナー独自の顔をもったデザインに育っていくものです。

薪ストーブをどこに配するか?
構造的に許されるぎりぎりまで南面窓は大きくしたい・・・。
キッチンの北窓は大きく!
ガラスの性能がUPしたことで新省エネ法もクリアーできるようになりました。
ただ、窓を大きくしたからと言って広々と感じる室内空間になるかというと
そういうことではありません。
各コーナー、室が断片的になることなく、連続するデザイン要素を巡らせることで、
凸凹の空間がひとつながりになり広く錯覚させます。
また、ウッドデッキとのつながり、その手すりのデザインなども
重要な要素です。

楽しみな「はちみつの家」になりそうです。

中村@PDO

Even if planned as a concept house, that plan will grow up as a design of owners' preferences.

Where will you put the wood stove?
I would like to enlarge south windows to the very limit which is structurally allowed.
Kitchen's North Window is big!
As the performance of the glass has improved, the new energy conservation law can also be cleared.
However, if it says whether it will be an interior space that feels spacious because you have enlarged the window
It's not.
By making each corner, room designing a continuous design without being fragmented,
The uneven space becomes one connection, and it seems to be wide.
Also, connection with the wood deck, design of the handrail etc
It is an important element.

It seems to be a fun "honey house."

18.08.24

設計打合せ ーコンセプトハウス始動ー



中村が長年温めてきたコンセプトハウス。子育てを終えた同世代である中村が住みたいと思う小さな家。半径5メールの関係性を受けとめる空間。一番近い存在だからこそ、大事にしたいことがあります。
ベースプランを元にご夫妻に合わせたカスタマイズのための打合せ。楽しみなプロジェクトが八ヶ岳南麓ではじまっています。

細田@PDO

Concept house Nakamura has been warming for many years. A small house that Nakamura who is the same generation wants to live, after finishing parenting. Space to receive the relationship of radius 5 mail. Because there is the closest existence, there is something I want to take care of.
Meeting for customization according to the couple based on the base plan. A fun project starts at the southern foot of Yatsugatake.

18.07.31

はちみつの家 ―建築家自身が住みたい家―


子育てを終え喜怒哀楽の人生経験も経て、さて夫婦がこれから新しく暮らし始める家は、はちみつのように甘いといいな・・・・。冬暖かく、夏涼しく、維持しやすい小さな家が良い。この際だから荷物も最小限に。

私自身が住みたい家をPDOのコンセプトハウスとして多くの皆さんにも提案したい。そんな野望を温めつづけてきました。

題して「はちみつの家」。

ついに賛同してくださるオーナー夫妻が現れました!土地探しから始まり、家のお考えを聞ききしているうちまさにこの提案にふさわしいと思いました。

敷地は遠く鳳凰三山の地蔵岳オベリスクを見通す気持ちの良い土地です。粘り強く探した甲斐がありました。標高1200mの別天地です。

中村@PDO

After finishing parenting and experiencing life experiences of emotions and sorrows, I hope the couple is starting to live a new life in the future, sweet like a honey · · ·. A small house that is warm in winter, cool in summer, easy to maintain is good. So in this case baggage is also minimal.

I would like to propose the house I would like to live as PDO's concept house to many people. I have continued to warm such ambitions.

"Honey's house".

The owner couple who finally approve appeared! Starting from searching for land, I thought that it was right for this proposal while listening to the idea of the house.

The site is a pleasant land to see the Obelisk of Mt. Jizo  far. It was worth looking tenaciously. It's a wonderful place with an altitude of 1200 m.