はちみつの家

はちみつの家

設計:中村大補

18.07.31

はちみつの家 ―建築家自身が住みたい家―


子育てを終え喜怒哀楽の人生経験も経て、さて夫婦がこれから新しく暮らし始める家は、はちみつのように甘いといいな・・・・。冬暖かく、夏涼しく、維持しやすい小さな家が良い。この際だから荷物も最小限に。

私自身が住みたい家をPDOのコンセプトハウスとして多くの皆さんにも提案したい。そんな野望を温めつづけてきました。

題して「はちみつの家」。

ついに賛同してくださるオーナー夫妻が現れました!土地探しから始まり、家のお考えを聞ききしているうちまさにこの提案にふさわしいと思いました。

敷地は遠く鳳凰三山の地蔵岳オベリスクを見通す気持ちの良い土地です。粘り強く探した甲斐がありました。標高1200mの別天地です。

中村@PDO

After finishing parenting and experiencing life experiences of emotions and sorrows, I hope the couple is starting to live a new life in the future, sweet like a honey · · ·. A small house that is warm in winter, cool in summer, easy to maintain is good. So in this case baggage is also minimal.

I would like to propose the house I would like to live as PDO's concept house to many people. I have continued to warm such ambitions.

"Honey's house".

The owner couple who finally approve appeared! Starting from searching for land, I thought that it was right for this proposal while listening to the idea of the house.

The site is a pleasant land to see the Obelisk of Mt. Jizo  far. It was worth looking tenaciously. It's a wonderful place with an altitude of 1200 m.