STYLISH BOXの家

STYLISH BOXの家

設計:中村大補

18.01.23

ディテールとランドスケープ 


基本設計も大詰めです。

インテリアパースで空間のディテールを確認しながら並行してランドスケープデザインを修正していくこともあります。外から視線、中からの視線。そのエリアの風の通り道や水の流れ、そして人の流れもしっかり受けとめてデザインします。自然と建物は環境の中のあるべき姿に収斂していきます。



時に受け流し応答もする。環境と喧嘩しないデザイン。
「passivedesign」がいつも私たちのベースにあるのです。

細田@PDO

The basic design is also complete.
Check the details of the space at the interior parse.
We may also modify the landscape design.
Gaze from the outside, gaze from inside.
I will design and accept the wind roads, the flow of water, the flow of people firmly.
Nature and buildings will converge to what they should be in the environment.
Design adapted to the environment.
"Passivedesign" is always in our base.

17.12.28

インテリアパース


自然食レストランと住居の併用の計画です。
レストランでは八ヶ岳南麓で手に入る新鮮な食材をおしゃれに料理して提供します。
「ONとOFFのメリハリを付けたい」
職住一体ではとかく境界があいまいになりがちです。
この計画のテーマの一つです。

インテリアパースができました。
広告デザイン、スタイリストでもあるオーナー夫妻が自由に発想を拡げられるように、
あえてシンプルな絵にしています。
年末年始、ひと時激務からはなれてゆっくりとご検討ください。

中村@PDO

The owner plans to build a natural food restaurant with his residence.
The restaurant serves fresh ingredients of the land.
"To distinguish between a restaurant and a residence"
This is the theme of this house.

The interior parse is completed.
The owner are a designer and a stylist.
I am drawing a simple picture so that they can freely expand their ideas.
Please consider carefully..

17.12.13

コンセプトからプランへ


提案は環境が求める建築のかたちとライフスタイルを融合したものです。
自然な成り行きとしてL字形となります。

初回の提案はでは絞り切れていなかった要望の反映も、
再案では無駄や、凸凹もなくなりかなり洗練されてきました。

そろそろ次のステージに向かいましょう。

中村@PDO

The proposal is a blend of the architectural form and lifestyle required by the environment.
It will be L-shaped as a natural course.
In the first proposal, the reflection of requests that were not narrowed in,
In the re-plan, wastefulness and unevenness are gone, and it has been quite sophisticated.
Let's head to the next stage soon.


17.11.02

土地読み―秋晴れの朝に行こう!―

雨ばかりの秋ですが朝から気持ちよく晴れ渡りました。
敷地に行きましょう。
初回体験はこの後のすべての作業に影響していきますから土地がご機嫌な日に行くべきです。
PDO流は少々理屈っぽく分析的に見ます。
そう、風水師のように。

遠景~中景~近景を意識してみていきます。
道から家はどのように見えたらよいか、など考えながら歩きだします。
既存樹木はほとんど伐られています。
それでも残った樹はクルミ系ではないので安心。
根元もしっかり露出しているので客土の形跡もなし。

「あーなんて気持ちの良い土地・・・・。」同行した細田が空を仰ぎます。
そうそれが一番大切なこと。

この時点でここにあるべき家のかたちが見えました。

中村@PDO

It is fall only autumn, but it cleared up pleasantly from the morning.Let's go to the premises.Since the first experience will affect all subsequent work, the land should go on a bad day.The PDO flow looks somewhat reasonably analytically.Yes, like Feng Shui.

I will try to distinguish between distant view ~ middle view ~ close view.I will walk while thinking about how the house looks from the road.Almost all existing trees are trimmed.Even so, the trees that remain are safe because they are not walnut type.There is also no trace of the soil because the root is also well exposed.

Hosoda who accompanied "Ah what a pleasant land ..." will look up to the sky.That's the most important thing.

I could see the shape of the house to be here at this point.

17.10.27

STYLISH BOXの家 ―おもろもの箱―


八ヶ岳南麓の中でも「うずまきスタジオ」のすぐ近くに計画する家です。グラフィックデザイナーであり、スタイリストでもあるご夫妻。

スタイリストと言っても服飾に限ったことでなく、様々な生活シーンを「もの」で表現化するお仕事、とでも言いましょうか。その手品を施すのに、それはそれはもうおびただしい、そして面白い「もの」が詰め込まれた展示倉庫を訪問したときには驚きました。

そんな「もの」たちの隙間で人間(ご夫妻)はグラフィックの仕事もされていました。私たちも打ち合わせをしました。「もの」は一つ一つ興味深くいつまで見ていても飽きません。それは目の前にしている「もの」の背景にあるストーリーが見えてくるからです。

そんなコンテンポラリーなご夫妻の標高1100mの高原の家をつくります。
これはむずかしい!

中村@PDO

It is a house planned to be in the immediate vicinity of "Uzu Maki Studio" even in the southern foot of Yatsugatake. A graphic designer and a couple who is also a stylist.

Shall I call it a stylist that is not limited to clothing but a job of expressing various life scenes with "things". In ordering that magic trick, I was surprised when I visited an exhibition warehouse where it was already packed with tremendous and interesting "things".

In the gaps of such "things", the human beings (their couple) were also engaged in graphic work. We also had a meeting. "Things" are intriguing one by one and will not get tired of seeing it till the end. That is because the story behind the "things" in front of you will be visible.

We will make a house of such a contemporary couple with altitude of 1100 m.This is difficult!