階調の家

階調の家

設計:橋爪賢一

23.01.10

階調の家 -TONE HOUSE-


森の中の別荘地は自然豊かな上にインフラも整備されているのが魅力です。
この時期は除雪車も入るので冬のアクセスも問題ありません。

オーナーの求めた土地は間口20m、奥行68mという、南北に細長いものでした。
足元にはシダが広がり、視線の先には深い森が広がっています。
南側は日当たりが良く、グラデーションの様な緑の濃淡が楽しめます。

建物を建てるにあたり多少なりとも伐採され環境が変わってしまいますが、今感じている緑の諧調の中に住まうという意識は残しておきたいものです。

視線が明るい庭から深い森へと誘導されるような、南北に抜けのあるプランがふさわしいと思いました。
オーナーのライフスタイルと融合させながら具体化していきます。

橋爪@PDO