MEMBER

人と自然に心地よい庭づくり

ガーデナー 三浦奈香子

ガーデナー 三浦奈香子

軽井沢は昔はお花畑で、少し散歩をすればかかえきれないくらいの花束ができた、と聞きます。しかし、今では開発や環境の変化によって、本来あったはずの在来の植物や生き物が減っています。

今私たちに必要なのは、自然との共存、自然と繋がった生活を思い出すことではないでしょうか。

人が関わることで失われるのではなく、人が手を加えることで自然がよりいっそう豊かになり、植物、生き物、人が繋がっていけたら嬉しい。

私たちは、その場所に自生している樹木や野草を生かし、その環境に合った植物を植えることで、植物にとっても無理がなく、人にとっても自然で心地よい庭づくりを目指しています。

そして手入れをしながら、より自然と一体となった豊かな庭を育てていくお手伝いができたらうれしいです。

経 歴

長野県佐久市生まれ
短大卒業後、精密機器メーカー経理課・東京営業所勤務。
東京での生活に違和感を覚え、長野に帰郷。
1996年
実家のある長野県東御市で畑仕事のスタッフとして有限会社ヴィラデストに入社。
初めて植物や土に触れて、本来の自分らしさを見つける。
無農薬有機栽培の西洋野菜・ハーブ栽培、ハーブ製品・ドライフラワー製品制作、商品開発などを担当。
より知識を得るため、日野春ハーブガーデン 阿部誠先生のハーブ講座
ポール・スミザー氏主宰 プランツコースを受講
2004年~2006年
ヴィラデストにてワイナリー併設のガーデンの設計、施工を担当
ヘッドガーデナーを担当
2007年
フリーランスのガーデナーとして独立
軽井沢、北杜市を中心に各地の個人邸の施工・アドバイス・メンテナンス・植物調査を行う。
並行して、ガーデンデザイナー、ポール・スミザー氏施工ガーデンのヘッドガーデナーを歴任。
植物調査や、軽井沢町の絵本の森美術館ピクチャレスクガーデン、北杜市の萌木の村ナチュラルガーデンなどを手がける。