SEIKOと跳ね馬のために

SEIKOと跳ね馬のために

設計:加藤実

19.01.12

基本設計 ーコンセプト確認ー 


お正月休みに計画案をじっくりご夫妻で検討いただきました。家具のショールームにも足を運ばれソファやリスニングルーム用のチェアなど何点か購入されたとのこと。少し気が早い気もしますがそこに置かれる家具が決まり暮らしのイメージが共有できることで設計もスムーズに進みます。


暮らしの重心となる家具デザインや色からインテリア空間のディテールも検討していきます。設計方針のすり合わせもできこれから基本設計を進め、次回は東京でのショールーム巡りとなります。

細田@PDO

The owner couple reviewed the plan draftly for New Year's holidays. They also went to a furniture showroom and bought several such as sofas and listening room chairs. Although I feel a bit early, we can share the image of their lives so we can proceed smoothly.

We will also examine the details of the interior space from the furniture design and color that is the center of their lives. We can also match design policy, we will proceed basic design from now. Next time will be a showroom visit in Tokyo.

19.01.02

プレゼンテーション


何度も足を運び環境を読み込み地勢を身体で受けとめる。対話を重ねて3週間ほどの時間をいただきました。うずまきスタジオでプレゼンテーションです。手描きの基本プランと外観ボリューム模型。
デザイナーの設計意図を伝え、ルールとビジョンを共有していく段階でもあります。

「妻と愛車のために建てる家」

はじめて建主にお会いした時語られた言葉です。プロジェクトはこの言葉から物語が展開していきます。

細田@PDO

We will visit many times, judge the environment, receive the land with the body. We interacted with the owner for three weeks. It is a presentation at Uzumaki studio. Hand-painted basic plan and appearance model.
It is also the stage of communicating the design intent of the designer and sharing rules and vision.

"House built for a wife and a car"

It is a word spoken when we first met the owner. The story develops from this word in the project.

18.12.25

最初のひとコマ ー物語のはじめにー


今朝 夢を見た
草原を駈けぬける牝馬が
一瞬立ち止まってこちらを振り返る
星のネックレスをしていた
再びこんな夢が見られるかもしれない
そんな家を設計してゆこう

加藤@PDO

I had a dream this morning
A mares who leaves the grassland pauses for a moment and looks backwards.
She was wearing a star necklace.
I might be able to see such a dream again.
Let's design such a house