Villa Tombo

Villa Tombo

設計:中村大補

18.10.21

インテリアパース ―ここまでたどり着きました―

この敷地に永年暮らしたご家族は、良くも悪くもこの敷地のすべてを知っています。
(当然ですが)
その分、ここに新しくつくる家についても確信をもって要望することが出来るでしょう。
多くのキャッチボールを繰り返し、とうとうインテリアパースで検証のステージに
たどり着きました。感無量です・・・。

平面プランでうまく納まっているようでも立体に起こしてみて始めて気づくことも多いものです。
力強い丸太梁、珪藻土の壁・・・。
それぞれの窓から見える景色、樹木、日差し・・・。
一つ一つこだわってまいりましょう!

中村PDO

Families who have lived on this premises for many years now know all of this site.
(Naturally)
They will be able to demand with confidence about the new house here.
We repeatedly talked and came to the confirmation stage with the interior parse.

Even if it seems that it fits well in the plane plan, it is often noticed by looking at the interior pars.
Scenery visible from each window, tree, sun ....
Let's continue stuck one by one!

18.08.10

地縄張り ーコブシとの距離感は?ー



首都圏に近づく台風が心配されましたが小雨が降る中地縄張りを行いました。既存宅の建替えであること、家族を長年見守るコブシの大樹を縫うような計画なので現地で建物位置を確認することはとても重要です。



ふたつの棟をつなぐコブシギャラリー。家族が行き交う通路であり、コブシと対話するギャラリーでもあります。この地で暮らしているからこそご家族はリアルに感じることがたくさんあります。じっくり打合せさせていただき秋の着工に向けて大きく前進です。

細田@PDO

Although We’re worried about the typhoon, We carried out a territory during a light rain. It is a plan to leave a big tree of Kobushi that it is existing rebuilding now, so it is very important to check the location of the building on site. Kobushi gallery connecting two buildings. It is a passageway for families to go and galleries to talk with Kobushi. Because of living in this place, families have many things to feel real. It is a great step forward for me to discuss closely and to prepare for the fall.

18.07.21

実績見学 ーコブシ母娘けやきに会いにー


軽井沢から八ヶ岳のうずまきスタジオにお越しいただきました。本日はPDOにお問い合わせいただいたきっかけにもなった「欅三兄弟の家」のご案内です。

大樹を囲む二つの棟とそれをつなぐ宙に浮かぶ渡り廊下。欅とコブシの違いはあれど共通するゾーニングコンセプト。大樹に見守られる家、基本設計もまとまり次のステップへ進みます。

細田@PDO

The owner came to Kurosuzawa from the Yatsugatake 's Uzumaki studio. Today is the guide to the "Three Brothers' House" that also gave us the opportunity to contact PDO.

Two buildings surrounding a big tree and a corridor floating in the air connecting it. Although there is a difference between Keyaki and kobushi, common zoning concept. The house watched by the big tree, the basic design is also gathered and it proceeds to the next step.

18.07.12

間取り―現場で考える―

30年住み続けた家の建て替え計画です。
取り込むべき魅力的な環境要素は誰よりもオーナー自身が熟知しています。
その分、妥協点を見出すのは容易なことではありません。

家は間取りだけ考えていても成り立ちません。
骨組み構造から空間のかたちなど3次元を同時並行で考えなければいけません。
それはもうこの職業の訓練のたまもの。

さて、家族の多いこの家の計画ではその意見集約も大変です。
ご要望いただいたことを持ち帰り机にかじりついて再案作成、
など有効なことではありません。
複数の意見要望を聞きながら、その場で作案作業をするのが良いでしょう。
「この窓からはあの樹がこのように見えますね。」
「この方向からの西日が最高にきれいなんです。」
などなど作案がその場で即検証されます。難題に青ざめる心を隠しながら「どうにかなると思います。」といいながら、
トレーシングペーパーを重ね重ねて、
さて、どうやらまとまりましたね。(今日のところは)

中村@PDO

It is a rebuilding plan of the house which I lived for 30 years.
The owner is more familiar with environmental elements than anyone else.
Finding a compromise is not an easy task.

Even if you are thinking about just a layout, the house can not hold.
We must think three dimensions at once, such as the shape of the space from the framework structure.
It is already the training of this profession.

Well, the plans of this family with a lot of families are hard to concentrate.
We will re-draft what you requested.
While listening to multiple opinions requests, it would be better to make a suggestion there.
"From this window that tree looks like this."
"The western sun from this direction is the most beautiful."
etc.
While struggling with difficult problems, I says, "I think I will manage to do something.
Overlapping tracing papers,
Well, apparently it was settled.

18.07.10

地盤調査 ースウェーデン式?ー



ロッド(鉄の棒)の先端についた円錐形を捻ったようなスクリューを地面に垂直に突きた立てて実施します。載せる重りの重量や回転状況で地面の中の地盤の状況・強さを調べます。
スウェーデン式サウンディング試験と呼ばれて現在では戸建て住宅の地盤調査がほとんどこの方式で行われています。

今から100年ほど昔にスウェーデン国有鉄道不良路盤の試験方法として採用されたのがその名前の由来のようです。結果を待ち基礎設計に反映させていきます。

細田@PDO

The ground survey is carried out with a conical screw attached to the tip of a rod (iron rod) standing perpendicularly to the ground. Examine the situation and strength of the ground in the ground in terms of the weight of the weight and the rotation situation.
It is called Swedish-type sounding exam, and now the ground survey of detached houses is done mostly by this method.

It was adopted as a test method of the Swedish National Railway Bad Roadbed about a hundred years ago from now. That seems to be the origin of the name. We will wait for the results to be reflected in the basic design.

18.06.25

プレゼンテーション案 ―難しかった―

ゾーニングイメージが瞬時にできたとき素早くプレゼン図がまとまると予感しました。
いつも提案まで3週間いただくのですがこうしたこともあるものです。
サクサクと一通り描きおえてしまいました。
平面図を切り抜いて配置図にはめてみると・・・・、
まずい!町の要項のセットバックラインからはみ出ている!
母コブシから3mしか離れていない!
ダメです、最初からやり直しです(涙)

ゾーニングコンセプトは正しいのでこれは何が何でも堅持です。
「欅三兄弟の家」では樹齢100年の欅を縫うように家を計画した経験から、
大樹から外壁までの距離はどうしても4m以上は必要です。
それでも基礎工事では根が出てしまいまうでしょう。
(私自身が丁寧に根をカットしお薬を塗ってあげます。)

一方でどうしても庇の出は外壁から1m必要です。
家の健康のためです。
何としてもセットバックラインにすべて収めなくてはいけません。

それでも約束の3週間で何とかまとめることができました。
いざ!プレゼンテーション!

中村@PDO

When the zoning image is instantaneous,
I felt that I could prepare a presentation picture as soon as possible.
I always get it for three weeks until the suggestion, but there are things like this.
I almost drew it.

Now, when we cut out a plan view and put it in the layout drawing ... ...,
Unpalatable! Setting of the town's requirements protruding from the back line!
It is only 3 m away from the mother Kobushi tree.
It is useless, it is redoing from the beginning. (tears)

The zoning concept is correct.
Previously, from the experience of planning a house that left 100 years of trees,
The distance from the big tree to the outer wall is 4 m or more is necessary.
Nevertheless root will come out in foundation construction.

On the other hand, eaves are required 1 m from the outer wall.
It is for the health of the house.
I have to put them all in the set back line.

Even so, I managed to put it all together in the promised three weeks.
Come on! presentation!

18.06.18

ゾーニングイメージ ―まずは樹の位置―

計画に先立ち、家族の一員とも言える樹たちの正確な位置を知る必要があります。
細田、橋爪とともに2点間から図ります。
母コブシは何と直径62センチもあります!立派です!
樹は褒めてあげると確実に元気になります。
どこで聴くんでしょうね?

一通り測り終えてからその場でゾーニングイメージが描けました。
北に寝室、水回りをまとめたスリーピング棟。
母コブシの南にリビングダイニング、キッチンをまとめたパブリック棟。
それを結ぶ通路はその下を水がスルー出来るようにブリッジ状に。

これは意外に早くプランがまとまるかもしれません。

中村PDO

Before planning, we need to know the exact location of the trees that can be said to be members of the family.
We measured the position from 2 points with Hosoda and Hashizume
.
The mother Kobushi tree has a diameter of 62 cm! It is splendid!
If you give praise to trees you surely become healthy.
Where will they listen?

I could draw a zoning image on the spot.
A sleeping area that summarizes the bedroom and the water around the north..
Public area where living dining and kitchen are gathered south of the mother Kobushi tree.
Make it a bridge shape so that water passes under the passage connecting it.

This may make the plan sooner.

18.06.11

新しいライフスタイルと環境維持

現在の住まいは環境に対し開放的で、居ながらにして森に囲まれているようです。
度重なる増改築を経てきました。
それでも新しいライフスタイルに適さなくなってしまったことと、
そして何よりも冬とても寒い!

オーナーはまず温熱性能にこだわり地域ビルダーを模索しました。
話すうちに、確かに性能は良くても理想的な生活をする工夫の要求には、
応えてもらえないと感じ始めたのです。
住まい手が主役のはずの家づくりがいつの間にか造り手主導になっている・・・・。

もう一つ、環境も主役となるべきです。
合理的に工事するために大切な樹をいとも簡単に除去する提案はありえません。
樹は感情のある、命あるものとしての扱いを受けなければいけません。
人と交流する言語を持たないだけのことです。
「樹を活かすことが人本位であるべき家づくりの制約になるべきではない」
という考えもあります。
確かにその通り。
でもすべてはバランスを大切に考えます。
センスと言い換えても良いでしょう。

中村@PDO

The current residence is open to the environment, and it seems that it is surrounded by forests as it is.
They have repeatedly renovated and renovated.
Still it has become unsuitable for a new lifestyle,
And above all, it is very cold in winter!

The owner first focused on the thermal performance and searched for a regional builder.
While talking, despite the performance, despite the ideal way to live an ideal life,they began to feel that I could not respond.
Despite the fact that the household is the leading role in making houses, the maker is the leading role ....

Another thing, the environment should also be the leading role.
There is no proposal to remove important trees easily for reasonable construction.
Trees must be treated as emotional, life-threatening.
It's just that they do not have a language to interact with people.
"Taking advantage of trees should not be a constraint on house making"
There is also the idea.
Surely that's right.
But everything counts the balance carefully.
That might be a sense

18.06.05

こぶし母娘に寄りそう家を


どっしりと貫禄のあるこぶしの樹は母です。その隣に娘たち。
一群をつくっているのは武者立ちの大きな栗二つと可憐なもみじ。

竹の子族の町からこの南原に居を移して30年以上。毎年早秋にトンボの群れが飛び交う美しい自然の営みは変わらなくても、ライフスタイルは随分変わったようです。こぶし母娘を活かした新しい家づくりの計画が始まります。

敷地の東に沿う湿原の谷は長い月日をかけてオーナーが整備しました。その景観を取り入れることも大きなテーマです。

軽井沢町の要綱に従っての軒先のセットバック、既存樹の位置、隣家との距離感・・・・・。
ものすごく難しい設計要件満載です。

中村@PDO

The tree of dwarfed Kobushi is a mother. Next to that is the daughter trees.
Besides, there are two large chestnuts and a pretty Japanese maple.

More than thirty years have passed since they moved the residence to this Nambara from Harajuku. Even though the beautiful nature that crowds of dragonflies flutter every autumn does not change, the lifestyle seems to have changed considerably. A plan to create a new house leaving the fist mother daughter begins.

The owner maintained the valley of the wetland in the east of the site over a long period of time. It is also a big theme to incorporate the scenery.

The setback of the eaves edge in accordance with the outline of Karuizawa-cho, the position of the existing tree, the sense of distance with the neighbor.
It seems to be an extremely difficult design.