ボタニカルの家

ボタニカルの家

設計:中村大補

18.03.26

位置出し ―重い雪が赤松倒す―


敷地の雪もすっかり解けたでしょう。
地盤強度調査に先立ち、
地縄張りに現場に赴きました。

先週の季節外れの大雪で太い赤松が折れ道路向こうの隣地に倒れ込んでいました。
幸い周辺家屋には一切損傷はなかったのですが、
あらためて赤松の倒木は怖いものだと実感しました。

分譲地の規約に従い離隔距離を確保しますと、
計画しているへの字の平面形はとても無駄なく合理的です。

私と木口隊員二人でサクサクと位置出しは完了しました。
そのうえで建築支障木、倒木おそれ木に緑の紐を巻き付けていきます。

多く占める赤松、カラマツは森の遷移のごく初期の木です。
床を豊かにして広葉樹の発生を促す役目です。

ご苦労様でした、伐採させていただきます。

中村@PDO

The snow has disappeared.
Before the ground strength investigation
I went to the land for local territory.

Due to the heavy snowfall of the season last week, a big red pine broke and fell on the side of the road beyond the road.
Fortunately there were no damage in the surrounding houses.
I realized again that the fallen trees of Akamatsu were scary.
According to the terms of the sale place, we will secure a separation distance.

I and Koguchi confirmed the location of the building.
Besides, we wrapped green strings on a tree that could be fallen tree.
Akamatsu, larch is a very early tree of the forest transition.
It is the role of enriching soil and promoting the occurrence of hardwoods.

Thank you so far, we will cut down.

18.02.07

インテリアパース  ―ホワイティ―

白く、明るいインテリア空間をご要望されました。
フローリングはカバザクラ、床石はビアンコカララ、壁天井は白珪藻土クロス、
木部は白染色にしましょう。

工場製作された新建材、既製家具は使い方ひとつで、
空間のデザイン統一を乱すことはありません。
造作家具の背面カウンターとシステムキッチンは合いませんが、
システムキッチンの扉を造作建具と交換してしまえば何の問題もありません。

イブ蔵が羽を休める梁もあります。

中村@PDO

The owner likes white and bright space.
The flooring is Kabazakura, the floor stone is Bianca Carrara, the wall ceiling is white diatomaceous earth cloth,
Let's make the wood part white stained.


Building materials and furniture produced at the factory are one way to use, you can unify the design of the space.
The back counter of the furniture and the system kitchen do not match,
But,there is no problem if you replace the door of the system kitchen with a building fitting.

18.01.14

ボタニカルの家―イヴ蔵登場―


「私はイーゼル使わないのです」
どうやらイーゼルの置かれたサンルームの風景は
私の勝手な妄想と現実が入れ替わってしまっていたようです。
ブログ名とアイコンの変更をいたしましょう。
オーナーの奥様が専攻する絵画のジャンルは「ボタニカルアート」。
植物誌に用いられる細密画です。
なるほど見せていただいたトウモロコシの絵、心が静かになるようです。
うずまきスタジオでの打ち合わせには今まで多くの動物も参加していますが、
今回お連れいただいたのはオカメインコの「イヴ蔵」。
美しく、かわいく、聡明な存在感。
なにやらずっとしゃべっていましたね。
普段は放し飼い、家の中を飛び放題なのだそうです。
開放的な天井高さを持つ空間が必要ですね。

中村@PDO
Change blog name and icon.
The painting which the owner draws is Botanical Art.
It is a miniature picture used in plant book.
When you look at the picture of the corn which the owner is drawn, the mind becomes quiet.
By the way, many animals visit our studio.
This time, the parakeet "YvesZoua".
He is Beautiful, cute and intelligent.
He were talking all the time.
He flies free in the house.
You need a high ceiling.

18.01.03

気持ちを合わせる


オーナーは絵を描きます。
そうしたこともあるでしょうがとてもリアルに空間イメージを描けるようです。
とても夢いっぱいの絵図面がfax で届きました。
多少の構造調整はありましたが、すごいことに破綻がないです。

”気持ちを合わせて”協働です。

中村@PDO

”To unite”
The owner draws a sketch.
She could draw a realistic spacial image.
Her drawing which was sent by fax was really good. It was filled with dream.
Moreover it was almost perfect.
Let's start our collaboration together.

17.12.25

敷地調査―キノコ狩り―


蓼科の別荘地内に永住をご計画のご夫妻よりご相談があったのは秋でした。への字の家が敷地条件に合っているとのこと。
度々私は言います。
何も好き好んで職方が難しがるへの字を設計するのではなく、こうして、敷地環境と生活要望がそれを求めるのです。

さて、敷地に到着しますと瞬時にご夫妻の要望される意味が解りました。そしてすぐにゾーニング図がその場でできてしまいました。

と、足元を見ますとそこかしこにジゴボウ(ハナイグチ)があるではありませんか。何しに来たんだ?という細田の視線を感じつつもキノコ狩りに目的変更したのでした。

中村@PDO


It was autumn when there was consultation from the couple planning permanent residence in Tateshina's villa ground.

It is said that the house of へ-shaped meet the site conditions.
I often say.
Rather than designing へ-shaped to the difficulty of a carpenter, In this way, the premises environment and living requirements seek it.

Well, as soon as I arrived at the premises, I found the meaning of the couple 's desire. And soon a zoning diagram was created on the spot. And, if you look at your feet there is not there jigoko (Hanaguchi) there.

What did you come here for? Although I felt Mr. Hosoda's line of sight, I changed the purpose for hunting mushrooms.