よくあるご質問

PDOをご検討いただきありがとうございます。
私たちは皆様と、唯一無二の家づくりを通し、多くの貴重な体験をさせていただいています。多く皆様から頂いただく質問、疑問についてお答えします。その他のことについてもお気軽に電話、Eメールにてお問い合わせください。

CONTACT

TEL.0551-38-3266

9:00~17:00(日曜・祝日休み)

お問い合わせ

設計・デザインについて

こだわりが強いタイプなのですが、どのような対応を頂けますか?

対話を重ね、イメージの共有に時間をかけます。
模型やインテリアパースなども作り、打合せのプロセスを大切にし、こだわりにはどこまでもお付き合いします。

こだわりが強いタイプなのですが、どのような対応を頂けますか?
こだわりが強いタイプなのですが、どのような対応を頂けますか?
こだわりが強いタイプなのですが、どのような対応を頂けますか?
PDOが家づくりで一番大切に考えていることは何でしょうか?

自然と共にあることを感じられる家づくり、環境と住まい手が求めることを形にしていく家づくり、次の世代に価値が受け継がれるような家づくりです。

PDOが家づくりで一番大切に考えていることは何でしょうか?
土地探しから相談にのってもらえますか?

自然あふれるエリアで250棟近くの設計、建築の経験があります。敷地の活かすべきところ、表面には見えていないリスクなど読み取り、所感をお伝えします。購入をご決定する前にご相談いただくとよいと思います。

土地探しから相談にのってもらえますか?
提案プランニングではどこまでやって頂けるのですか?また費用がかかるのですか?

土地の特性を読み取り、オーナーのこだわりを盛り込み、環境にふさわしい建築の提案をさせていただきます。ヒヤリングはさせていただきたいので、うずまきスタジオにお越しください。
3週間~1か月間お時間いただきプレゼンテーションさせていただきます。また、経験的に予想されるおおよそのコストもご提示させていただきます。
PDO建築をご理解いただくためのプロセス、と考えていますので費用はいただきません。ただし、PDOにご決定いただけなかった場合は、ご提案図面はご返却いただくことになります。

提案プランニングではどこまでやって頂けるのですか?また費用がかかるのですか?
数社を検討しています。設計コンペは可能でしょうか?

可能です。いただく資料、プレゼン時期など同条件でのコンペをお願いしています。

PDOの建築は窓が大きく開放的ですが地震に強いですか?

法で規定される強度を大前提に設計、建築します。設計の自由度の高い在来木造工法と地震に強い2×4工法のハイブリット工法となります。

PDOの建築は窓が大きく開放的ですが地震に強いですか?
水抜き、通水とはなんですか?

別荘型の場合冬期は家の中であろうとも、水道管や蛇口に滞ったままの水は凍ります。それを防ぐためにはその水を抜く必要があります。家を不在にする前にこの作業をすることを「水抜き」と言います。
「通水」は来荘時する逆の作業を言います。PDOではこの煩わしい作業が一切不要の設計、建築が出来ます。

別荘を考えているのですが夏場エアコンは必要でしょうか?

標高1000m前後の高原は基本的に冷涼ですが、空気がきれいな分だけ紫外線は強いものです。日差しのあたる外にいて暑くとも、風通しが良く断熱性の高い室内ではエアコンの必要はないと感じることが多いでしょう。ただ、多湿なエリアでは除湿することも有効です。
PDOの寒冷地仕様の断熱工法は真夏の日射遮熱に対してもとても有効です。

庇の無いデザインに憧れていますが、問題ありますか?

野球帽を思い浮かべて下さい。強い日差しの下では眩しい時や、雨の中で目を、視界を確保するために鍔(つば)は有効に機能しますね。窓から安定した視界を確保し、外壁の劣化を防いでくれます。庇をなくすには工夫が必要です。

庇の無いデザインに憧れていますが、問題ありますか?
庭や植栽のデザインもしていただけますか?

庭空間も住空間デザインの一部と考えています。この設計も頂戴する経費に含まれているとお考え下さい。

庭や植栽のデザインもしていただけますか?
高気密、高断熱とはなんでしょうか?

正確には「換気」を加えて3要素を高機能にバランスをとる、現代の考え方です。
設計者や施工者によってその方法は様々です。いかに断熱性の高い家でも隙間だらけでは熱が逃げてしまいます。かといって密閉されれば室内空気は汚れます。計画的な換気計画が必要です。
また、開放的にするために窓を多くしすぎても熱は逃げやすくなります。高断熱のガラスを用いたりスクリーンで覆うことで、軽減されますがメリハリのある設計が必要です。

高気密、高断熱とはなんでしょうか?
薪ストーブのオススメは何ですか?

ベーシックで多機能、初心者の方でも問題なく扱えるのがバーモントキャスティングス社の「アンコール」です。
一方で最近の欧米での主流は火をきれいに見せる家具扱いのスタイリッシュタイプです。住まい手の要望により最適をご紹介します。

薪ストーブのオススメは何ですか?
寒さに弱いのですが、床暖房をしたほうがよいのでしょうか?

「底冷え」のするような家は失格と考えています。頭寒足熱を理想と考えています。そのための工法、工夫を日進月歩で研究しています。
床暖房はその手段の一つにすぎません。パネルラジエーターなどの輻射熱暖房で全館常春もできますし、スマートフォンで遠隔操作できる寒冷地用エアコンなど、建築時点で最良の提案をさせていただきます。

寒さに弱いのですが、床暖房をしたほうがよいのでしょうか?
新建材を一切使わない家を建てることはできますか?

昨今の自然素材ブームは、感覚的なこだわりの余りにかえって設計を限定的にし住みづらかったり、メンテナンスで多大な苦労をしてしまう家づくりをしてしまうということもあるで注意をしましょう。
新建材と呼ばれるものには施工側の合理都合でできたものと、快適、安全性能を得るために開発されたものがあります。合板は耐震性能を飛躍的にUPさせました。また、貴重な木材を余すところなく使う集成材もエコの見地に立てば使用を奨励されるべきです。ただ、経年で劣化する一方の印刷ラミネート貼りの建材や、呼吸をする事の無いビニールクロスなどは避けたいです。

新建材を一切使わない家を建てることはできますか?
化学物質過敏症なのですが、対応してくれますか?

可能です。
アレルギー源に応じて材料の選択、適材適所での使用が重要と考えています。素材を吟味しますのでハイコストになることも多いです。

鉄筋コンクリート造の家もできますか?

RC造で造る合理性があればもちろん設計、建築可能です。

鉄筋コンクリート造の家もできますか?
ログハウスの建築もできますか?

平成25年に国から示された省エネ基準ではログハウスは不適合となります。基準適合した仕様、工法が可能となるログビルダーとの協働となります。

ログハウスの建築もできますか?

コストについて

PDOの実例はどれもデザインが素敵ですが、コストも高いのでしょうか?

オーナーが望むものとコストとのバランスを考えながら最適なデザインを心がけています。
結果的にハイコストになることもありますが、無駄が排除されていつまでも飽きのこないデザインはローコストであることも多いです。
ただ、工場加工済品を多用したハウスメーカースタイルとは根本的に家づくりのプロセスが違うので比較対象とはならないと思います。

PDOの実例はどれもデザインが素敵ですが、コストも高いのでしょうか?
手がける家はどのぐらいの価格帯ですか?

別荘型としては2500万円~3000万円、多くの要望を反映させる定住型では2500万円~3500万円が多いと思います。

予算が限られています。それに応じた提案をいただけるのでしょうか?

まずはご要望をお聞かせください。ご予算を最大限意識し、バランスを考えながら提案させていただきます。

PDOの建築の坪単価はいくらですか?

土地の形状、要望の内容によりますので一概にはお答えできません。
高原地では基礎工事、水回り設備工事の比重がとても大きくなります。薪ストーブや全館暖房設備、ウッドデッキ、庇付きカーポート、外構工事など、付帯工事となる部分は多様な選択肢があります。
そうした付帯工事を除いた純粋な本体工事費の平均的坪単価としては、一般的な2階建て40坪程度の家であれば75~80万円(税別)です。
ただ、平屋または平屋+ロフトで20坪程度の家では95~100万円(税別)になる場合もあります。規模と形状により逆進する性質がありますので一様の坪単価とはなりません。
※坪単価とは建築コストを面積(?数を約3.3で割ると坪数です)で割った数字を坪単価と言います。これを少しでも安く見せかけるために、施工する部分全て、庇の先端までも面積に含めて表示しているハウスメーカーや施工店もあります。この分母がどのようなものかを注意して比較が必要でしょう。また、面積が20坪の家と60坪の家を同じ物差しで比較はできません。

PDOの建築の坪単価はいくらですか?
PDOの建築の坪単価はいくらですか?
住宅ローンを組みたいと考えています。相談に乗っていただけますか?

建設地や返済計画によって最適な金融機関、返済方法等があります。
ライフプランなどもお聞きしながら、考え方など含めてアドバイスさせていただきます。また、性能評価取得により条件が有利になることもあります。

別荘を建てたいと考え始めています。夫婦が主体でゲストと楽しめる家にしたいと思いますが約何坪になりますか?

20坪から25坪+ロフトとなるでしょう。

家族4人で高原に移住したいと考えています。何坪ぐらいの家になりますか?

約40坪前後となるでしょう。車を庇内に納めたりビルトインを望む場合はプラス要素です。

仕上げの素材感を大切に考えています。ハイコストでしょうか?

一概には言えません。工場での大量生産品に頼る家づくりは工期短縮、高効率であり、ローコストにつながることも多いですが、経年で素材の味わいが増すという、暮らしの豊かさにはつながらないこともあります。

仕上げの素材感を大切に考えています。ハイコストでしょうか?

体制について

設計施工の会社なんですか?

建築家がその設計を実現するのに一番ふさわしい施工体制を組んでいる、「アーキテクトビルダー」という新しいタイプの設計施工会社です。

実際に建築した建物は見学できますか?

ご予約をいただくことになりますが、ご案内させて頂いております。実際に生活をされての感想などオーナーから話を聞くこともできます。

実際に建築した建物は見学できますか?
冬場の工事は問題ないのでしょうか?

寒冷地での建築では土壌が凍結してしまう1~3月中旬の基礎工事は避けます。
12月末までに基礎工事から木工事上棟までを済ませ、木材が乾燥する厳冬期に木工事をすることはむしろ望ましいことです。

冬場の工事は問題ないのでしょうか?
建物が完成するまでどのぐらいの期間が必要でしょうか?

設計期間は経験的に最短でも2.5ヶ月を要します。
工期は正月休みや盆休みが挟まった場合や、条例や分譲地規約での工事休止期間がかかわった場合など、様々で一概に言うことが出来ません。実質的には150日を要します。

設計・施工エリアは決まっているのですか?

軽井沢エリアと八ヶ岳エリアを主な施工エリアとしています。

設計依頼のみ可能でしょうか?

ぜひご相談ください。ただし責任を持って全体監修するので施工店の選択はお任せいただいています。

遠方に住んでいて打合せが心配です。どのように打合せを進めていきますか?

インターネット環境が整っていらっしゃれば、電子メールやスカイプでの打合せも可能です。
ポイントとなる打合せはご自宅周辺に出向くことも通常に可能です。

森創造プロジェクトとはなんですか?

PDOがフィールドとしているエリアでは、もしも人が手を加えなければブナが主役の他生物が謳歌する森でした。でもほとんどは赤松やカラマツに占拠された貧しい林です。
ブナを漢字で書くと木へんに無となります。人にとって無用の木という意味です。今では、ブナの森は貴重な原生林として保護されています。家をつくることは貧しい林を切り拓き、豊かな広葉樹の森に回帰させる有効手段と考えています。そのためのスタッフ教育、フェロー教育を怠りません。

森創造プロジェクトとはなんですか?
森創造プロジェクトとはなんですか?

生活について

板張りの建物は特別なメンテナンスが必要ですか?

適切な庇のデザイン、板裏面に湿気をこもらせない工法などで、外壁板張りの耐久性は高まります。
それでも30~40年ほどで、古いコートを脱ぐように板張りを新しくすることは必要です。正しい施工がされていれば下地は劣化しませんので簡易な工事となります。
防腐塗装を定期的に塗るなどメンテナンスは必要なしです。(旧塗膜を完全に除去しない限り逆効果です)

虫が嫌いなのですが家に入らないように工夫はできますか?

開口部は気密性の高いサッシやドアとし、開閉窓には網戸が付きます。
100%入らないようにするのは難しいですが、不思議なもので見慣れてくると少しだけ心が許せるようになります。

虫が嫌いなのですが家に入らないように工夫はできますか?
薪ストーブか暖炉か迷っています。また、主暖房として使いこなせるか心配です。

開放型の暖炉は雰囲気を楽しむにはふさわしですが、輻射熱はあるもののほとんどの熱は空に逃がしてしまうことになるのでお勧めしません。
家の主暖房として考えれば密閉性、蓄熱性、料理機能、空間演出など、機能を兼ね備えた薪ストーブとするべきでしょう。使い方は簡易です。薪の調達、煙突掃除など手間はかかりますがそれ自体が都市生活にはない楽しみと言えます。

薪ストーブか暖炉か迷っています。また、主暖房として使いこなせるか心配です。
キツツキ対策についてどうされていますか?

繁殖の時期に縄張り誇示のためにキツツキが軒裏や外壁をつつきます。穴を補修してもなぜか同じ個所にまた穴をあけます。被害にあう家と全く被害に遭わない家の区別は人間にはできません。
永住であれば作業中に叱れば次には来なくなりますが、2地域居住の場合、好きなだけやられてしまいます。メンテナンス補修が困難な軒天井は、鋼板張りとしておくことをお勧めしています。
また、キツツキの天敵であるフクロウの精巧な置物をたびたび位置を変えながら設置することも効果があります。

キツツキ対策についてどうされていますか?
キツツキ対策についてどうされていますか?
熊など人に危害を加える動物はいますか?

火山性の滋養に満ちた深い森に隣接する軽井沢は生物相が豊かです。したがって熊や猿が生息します。
散歩の時は「熊鈴」を付けるなど皆さん熊対策をしています。一方、太古の昔に火山活動があった八ヶ岳エリアは熊や猿の生息はないかもしれません。
ただ、どちらのエリアでも最近は鹿やイノシシが異常繁殖し庭木の食害や交通事故も多いので注意が必要です。

熊など人に危害を加える動物はいますか?
シロアリは高原にはいませんか?

普通にいます。日本では最北の宗谷岬以外は繁殖が可能です。ただ、基本的に森の生き物として腐った木などを住処としていますので、高原地では、通常施工された乾燥した家屋には近づきません。
防除するための薬剤散布は人にとっても害がありますので、基本仕様では土台材をヒノキとするなどの対処をしています。

浄化槽はにおいますか?

適正にメンテナンスしていれば臭いがあがることはありません。