2012.02.16

旅の友は赤青鉛筆

できごと

e68fa67f90d0db45db37f813ea74f071
去年の大震災があった日、私は北海道の寒冷地住宅視察旅行の帰り、首都高速走行中のバスの中でおきた。末期を覚悟したと同時に職業癖で、超高層ビルの層間変異の様子に見とれているうちに揺れはおさまり、そして私は生きていた。

そんなこともあり遠方への旅行にご無沙汰している。先日事務所の大掃除(いつも唐突に始まる)をしていたら、数年前に訪れたフィンランドの資料がボロッと出てきた。

私は日常のドローイングでもそして、旅の友としても赤青鉛筆が欠かせない。最近はこれが1ダース単位で売っていない。1本ずつ個包装になってまるで天然記念物あつかい。これ1本あれば黒鉛筆とあわせればオールカラー表現が可能なのに・・・。

訪れたアルバー・アールトの記念館のしおりの片隅に、その場でひらめいた照明器具のラフスケッチを発見した。北欧の光は独特だ。白くやわらかなマットな光だ。感覚が刺激を受けたのだろう。なかなか良いデザインだ。

2012.02.09

ヒューマンスケール

できごと

3c35746c3337525fb51d4747af5ea986
私は閉所恐怖症です。中央自動車道の笹子トンネルはここ八ヶ岳から都心に出るには、どうしても通らなければなりません。これが私にとって試練なのです。あまりの苦痛に途中で目の前が真っ暗になってしまうのです。どうしてかって?それは目をつぶるからに決まってますでしょう。

だから大きな声で歌を歌ったり一生懸命助手席の方と話をして気をそらします。次の小仏トンネルではさほどでもありませんし、新しいトンネルではまずそんなことはありません。要するにこれが「圧迫感」というものです。

トンネルの巾、天井の高さ、照明にこの原因があるに違いありません。

さて、私は空間作りのプロです。快適な空間とは?についてもうかれこれ30年近くも、来る日も来る日も考え続けてきています。それなのに時として「中村さんの作る空間は天井が低い。」「圧迫感がある。」そんなことを言われることが良くあります。それって本当にそうなんですか?

天井が低いことや窓のすぐ上に庇があることを「圧迫感がある、貧しい空間。」そのようにどこかで誰かに既成概念として植え付けられているとしか思えません。かつてどこかのハウスメーカーが「大物が育つ家」などと称して、天井の高い家を売り物にしてTVコマーシャルしていましたね。(古いなー、それ何年前のこと?)

画像は世に名高いフランク・ロイド・ライトが設計した、ペンシルバニヤ州にある落水荘です。室内の天井高も突き出た庇も2メートルしかありません。ライトも住人も小人ではありません。180センチはありました。ソファに身を沈めて森を眺める。床、天井がバランスよく視界に入り、外部空間がぐっと室内に引き込まれてきます。素晴らしく心地よい空間です。天井高さ2メートルですよ!日本ではまず強い拒否にあうことになるでしょう。

閉所恐怖症のこの私の感覚を、もっと信じてもらいたいものです。

2012.01.17

新春ダイアローグⅡ

できごと

120117_pdo01
いつものダイアローグは1泊2日ですが、今回は新春スペシャルで2泊3日です。なぜわざわざ非日常の中でダイアローグしなければいけないのか?人が集中力を発揮するためには演出、お膳立てが必要ということです。エクシヴは至れり尽くせりのリゾート施設ですが、温泉欲以外には部屋に缶詰になってひたすら対話します。今回も多くの成果が上がりました。ところで食事にはこだわります。もちろん全て自炊です。キャンプ感覚の男の手料理というやつです。

2012.01.10

新春ダイアローグⅠ

できごと

dialog2012
ブログをご覧頂いている皆様、あけましておめでとうございます。今年も多くの社会の求めにこたえられるデザイン事務所を目指してひたすらにまい進する所存です。

私たちは度々、朝までダイアローグと称して、気合を入れた集中合宿対話を行います。あえて非日常空間に移動して外部からの情報の流入を避け、毎回多くの課題について夜通し対話するのがねらいです。(実際には勢いだけで零時には寝てしまうんですけど・・・。)

この朝までダイアローグのスペシャルが新春ダイアローグです!なかなか家族には理解が得られない中、今回も鍋、コンロ、包丁、皿を大きなバッグにつめ、男どもが雪の蓼科を目指しました。(今回はゲストなしです。)

今回の大きなテーマは、パッシヴ、エコロジカル、サスティナブルなど、PDOが主題としていることのメンバー間のすり合わせ、それと1月のアクションプランの共有です。

基地は蓼科エクシヴです。ダイアローグの合間に雪中の温泉浴をします。そんなときも途切れることなく対話は続きます。

1...126127128